FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

書いてます

書いてます。
捲天の懸案番外編と、コネコ同盟カレンダー企画二つ目と、…なぜか手塚ドリを。
テニでドリーム書くとしたらCP観察モノだろうと思ってたんですが、
先日病んでおりました間に「手塚が夫の場合」の妄想が(現実逃避ともいう)ムクムクと起こりまして…なので、大人の夫婦設定です。手塚は海外を転戦しているプロで、乾夫婦がトレーナーと栄養士(同性婚)、ヒロインは不二の従妹。あとまぁ流れで越前とか大石とかも出てくるかもしれません。

スポンサーサイト


【“書いてます”の続きを読む】

2008.01.31 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

Grooves in the Japanise literature

新年からも週2で地元カレッジのESOL(外国人向け英語コース)に通っております。1時間1500円て高いのか安いのか、日本で語学学校行ったことないから判りませんがこの2年でも値上げ著しくっていやんなります。
昨日習ったこともスッポリ抜ける加齢を噛み締める今日この頃では現状のレベル2(CambridgeのCAEクラス)(仕事で英語を使用するプロフェッショナルな人向けのワンランク上の最終資格。英国大学・大学院入学の際の英語証明としても有効。というレベルだそうです。自分の実力ってここを見るとどうもPETレベルなんですが、FCEレベルの検定はクリアしちゃったのでこのクラスしかもう入れない)では息切れ甚だしいのですが、やはり人間は努力を強いられる環境によって伸びるようで、去年の秋より壁ひとつ越えた感じはしています。このレベルは日本語にないストラクチャー(仮定形の3段階とか)があって、日本に帰ったら速攻忘れそうですが…
現在のクラスメートは香港のオジサン、スロヴァキア人のママさん、カナリー諸島出身の頑固おばさん、ハンガリー人の娘さん、Kölnから来たオーペアガール(住み込み子守をする語学留学)、ポーランド人のホテルフロント嬢、イタリア人のオジサンなどです。9月の学期で仲良しになったポーランド人の美人ヤングママが夜間クラスに移ってしまい、もう一人居た日本人の奥さんも辞めちゃったので、ちょっと淋しいです。
香港のオジサンはそのもう一人の日本女性と一緒にSpeaking&Listningを受けたりしていたので、辞めたと聞くと「I miss XX子」を連発。自分と同じレベルだったのにー、と。それは私が彼より下だという意味なのか上だという意味なのか気になるところですが訊けない、そういうところだけ自意識過剰な日本人な私です。僅かな経験ですが、アジア人と中東人の男性はどう取られるかお構い無しに身も蓋もない本音を吐く傾向があるような気がします。東アジア女性には割と日本人にも判りやすい気の遣い方を感じますが…(アメリカの一部では根強くある反日本、旧日本帝国侵略者に恨み骨髄という反感は幸いここではぶつけられたことはありません。コリアン・アメリカンが多いシリコンバレー辺りでそういうのに子供が苛められてる友達も居るのでちょっとビビっていましたが、中国人は香港出身者が多いからかUKではあまり聞きません)
そういうところに来ているのは駐在・転勤の日本人や欧州でも豊かな方の国(フランスとかドイツ)のやはり転勤族の家族以外は(欧州からの留学生は大半、いきなり大学に行ってしまう)出稼ぎか移民の、まあ言い方は悪いですがエリートじゃないんで、生活も大変だったりする分その国民のネガティブ面を丸出しという人も居るんですけどね…その人個人の問題で片付かない、インド・パキスタン系の無敵のゴーイングマイウェイっぷりとか。
私も私しか日本人に会わない、或いは私が最初の日本人として先入観を与えてしまわないよう、どうしても気を遣ってしまって結構疲れますが、人種年齢とも多士済々の観察が出来るという意味では貴重な機会です。


【“Grooves in the Japanise literature”の続きを読む】

2008.01.19 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

幸福なる解体

2月に近所に来るマシュー・ボーンのNut Cracker!のチケットを買ったので、何となくSwan LakeのDVDも借りて見直してみました。
これを見たのはオーチャードホール…多分アダム・クーパーだったと思います。
たまたま誘われたので、全然予備知識がなかったんですが、(ボーン作品自体も)衝撃的でした。今見返すと、あの古典中の古典をあれだけ改作し、新しい内容を盛ることが出来たという衝撃だったんだと思います。
舞踊が好きな日本人として、歌舞伎や能はそれなりにたしなんできて、男性が女性のロールを踊ることには西洋人ほどの衝撃は無かったですもの。
19世紀人から大して感性が進歩していない私は、ギエムを見てもベジャールバレエを見てもあまり楽しくなくて、トウの一点のみで地上と繋がれる天上的存在としての白鳥なり、ヴィリ(『ジゼル』『シルフィード』といった妖精)なり、フロリナ姫なりをバレエとして捉えていました。
しかし、男性ダンサーたちの、力強いジュテ、裸足で地上とつながれながら異世界の存在たり得る迫力…そして王子も同じパを踊りその一団に溶け入る場面に至っては…
もちろん、白鳥たちがゲイ=マイノリティの集団で、incestとゲイセクシュアルの衝動に悩む王子が魂の同胞を見出すという解釈も簡単に出来るのですが、その後こっちでScissorshandsの公演も観て、ボーンという人は異世界の存在、人ならざるものと人間とのボーダーにあって、純粋な魂のレベルではボーダーは存在しない、人間である、或いは人工生命、或いは白鳥という枠組みを解体して溶け合う不死の快楽の彼岸を信じているのでは…と思えるようになりました。そこは地上に繋がれるか否か、天上の存在か地上の限られた命の存在かという区別すら存在しないユートピアなのです。
今度のナットクラッカーは、玩具の世界と人間の世界を解体してくれるのでしょう。楽しみです。


【“幸福なる解体”の続きを読む】

2008.01.16 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

ダークホース

先週土曜に、パーセル(宅急便屋みたいの。DHL並に高い)から通知が来て、私宛に日本から小包が来てますが通関手数料と配達料£27(現在のレートで6000円弱)払ってくれれば届けますぜ、とありました。差出人も品名も不明です。
関税4000円かかるブツって、どんなIT機器?お酒だったら相当な量だし、一体誰が何を、と逡巡して、親が私宛に実家に来た何かを転送したのかと一応問い合わせてみたものの心当たりなしという返事です。そもそも海外生活、古強者の我が親がそんなにこっちが払わなきゃならない間抜けな送り方はありえないので確率は低かったのですが…
その消去法で行くと、
バンドおっかけ友達:ロンドン駐在経験者
国連NGOの旦那と世界を駆け巡っているヴァガボンド
亜細亜明星仲間と香港、マレーシアで散々ソフトのやりとりをしている最強戦士
でそんなヘタは踏まないし、帰国子女友達だって同様です。
元同僚:時々本など送ってくれている友達も仕事でタックスヘイブンと郵便やりとりをしきりにしていて国際郵便のイロハは心得ている
師匠:イギリス、フランスに半年、一年暮して日本と煩悩のやりとりをしていた
きのこさん:イギリス暮ししているし郵便事情に詳しい
となると、海外経験のないお友達か、年配の親類が新年のお酒かお菓子でも送ってくれたのかな、でもお菓子でそんなにとられるって商用レベルの量だし、ご禁制(イリコとかちりめんじゃこでもご禁制です)の品だったらお金とるまでもなく没収だし…
と悩んだ挙句、こうなったら引き受けるしか無いと料金を電話で払い(カード番号を伝えて引き落としてもらう)今日受け取ったところ、

忘れていたダークホース、高校以来の友人Qちゃんでした。
去年9月遊びに来たとき、日本の11月だと思って支度してきてと散々言ったにも関わらず残暑の日本で実感が無かったらしく薄着で来たのでウールのストールを貸して、日本帰ったら実家に送っといてと言ったのを私も忘れてましたが…去年一時帰国するのは知らせていたのでそのとき実家に送っておいてくれれば700円位で済んだものを…
どうしてこの人は、通関用のタグに
借り物(つまり新品じゃないもの)とお礼らしい新品のマフラーを、
まとめて2品、新品の贈り物と書いて(新品でなければ関税はかかりません
値段をそれぞれ購入時正価で書いて、
(慣れた人は課税を避けるために保険が安くなるリスクを踏んでも安めに書く)
素材を毛皮とバカ正直に(しかもそう書くと両方毛皮みたいじゃないかー!)書いて、
(単なるマフラーって書けばいいのに)
(ちなみに英語ではマフラーというのは正装した男性の白い絹の首巻で、日本語でマフラーって言っているものはスカーフといいます)
通関手数料を最大にするんだろう…
絶対に嫌がらせでこういうことする人じゃないので、
単にバカ正直にやったのがわかるだけに、
税理士が何で最大税率で送ってくるんじゃボケ!」と怒るわけにもいかない…_| ̄|○
(まあ通関に関しては通関士っていう別の資格なんですけどさ)
お礼メールを書く手もどうしても鈍りがちでこっちについつい愚痴ってしまいます。
歯を食い縛って「何で去年実家に送ってこないんじゃ!」とも
「確かに私は毛皮が好きだがこの国(特にロンドン)では
毛皮はキチガイ動物愛護主義者にペンキひっかけられる危険があるんで
着けて歩けないっつーの」とも書いてはなりませぬのでこっちに書いちゃう。
贈ってくれた気持ちだけを掬い取るべきなのは判っているんですが、
シーズン落ちのDVD3本は買えるお金払ってこっちで受け取らなきゃいけないモノなのか
納得できない未熟な自分が、情けない。
これもこっちでは稼げない身の辛さです(ビザが就労できないやつなので)。

2008.01.08 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

まぶしくてみえない闇

熱はないけど咳が止まらず病人モードが続いております。
紅白で聞き損ねた平井堅の哀歌を日がな聴きっぱなしで、
それでは治るものも治らなかろうと友人や従姉に呆れられていますが、
アディクト中なんだ…!(病気が活性化しそうな曲ですね確かに…
ワタナベ先生お得意のエロス/タナトゥスだし)
この歌詞みたいな小説私も書きたい。
外伝の捲天はこんなイメージかな。あと、『冬の蝉』の2人も。
みそさんの名言「登場時から死亡フラグが立ってる」デスペレートな2人となるとこういうエロス/タナトゥスがそぐいますわね。
Hbt外伝な捲天は、その死亡フラグ取っ払って、リアルゲイカポーとして幸せを追求するとどうなるかというところを描こうとしています。ちゃんとしたカポーってあの中ではこの2人だけですな(小春屋のおじちゃんおばちゃんは除く)。
最終的にはハッピーエンドにしたいんですけどね。これはゴール決めないでやってるのでどうなるか私も伊豆さんもわからない。
あらゆる小説はハッピーエンドでなければならない、ってスタンダールだったかなあ。
もちろんハッピーエンドっていうのは恋人は結ばれ悪役は懲らしめられめでたしめでたしみたいな昔の時代劇みたいな意味じゃないです。
主人公が死のうが振られようが世界が滅亡しようが、ある種の幸福感、読んだ人が読まないより何らかのカタルシス、パワーを得られるといった意味だったと思いますが、そういうものが出せたらいいな。

2008.01.07 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

カモン!ロココの恐怖((C)しりあがり寿先生)

友人M(高校以来の家族ぐるみの付き合い、バリキャリ、隠れオタ。私にさいゆーとテニスとその二次の世界を教えたある意味このサイトの産みの親。本人は二次は読み専でBLが潜むものを好みつつモロのBLは敬遠しがち。歌舞伎とワインを好むがリュクスだなんだという和製横文字を嫌う)と正月休みダラダラ電話第二弾です。また大変下らない思い出パレードなので読みたい方だけ続きをどうぞ。


【“カモン!ロココの恐怖((C)しりあがり寿先生)”の続きを読む】

2008.01.04 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

今年もよろしくお願いします

エジプトから一応荷物と命は無事で帰りました。
しかし身体は風邪と月の病(11月以来、相方実家滞在ストレスとエジプト行きが嫌なストレスで停まっていました)と腹下しのトリプルパンチの中、よろよろと砂埃にまみれた衣服を洗濯し蕎麦を作り雑煮やら膾やら金団やら作って紅白の録画(日本語衛星チャンネルで8時間遅れで放送)に浸る相方に供し、翌日も合間には休みつつ似たような状態で、今日は弁当作って送り出し2日から通常営業のこの国のかたちに感謝しつつ寝込んでおります。
相方居るとホームシアターでドラマ(NHK、民放取り混ぜた日本のもの。民放のは半年~一年遅れで放送)やらサイエンスなんたら、プロフェッショナルなんたらやらの録画を休みなしに見ているので、二階で寝ていてもBGMのパーカッションやらベースラインが煩くて熟睡できないんです。ハエの集団とチェーンソーの集団(F1とモトGPとやらは、周囲にはこう聞こえます)が休みの季節だったのがまだしも。31に買出しは行ったので当分は食べるものもあるし…
紅白は一応付き合って何人か見ましたが、途中でダウンして寝てたので、しょこたん(亡き父君にはTOKYOROCKTVでハガキ読んで貰ったりしましたし、J・ロック・アイドルなのに普通のいいお兄さんなキャラで感じのいい人だったので娘さんにも好感を持っています。どんな人だったかというと、ウェン○君がたまに彼の生まれ変わりみたいに見えることがあります。あのルックスでややオタで素直だから。中川勝彦氏はウェン○君ほど大怪我スベリはしませんでしたが)と、水分とりに来て覗いたとき歌ってたマッキー位しか覚えてません。平○堅とTO○IOを見逃したのはちょっぴり惜しかったですが、ほんのちょっぴりです。相方は去年亡くなった女性シンガー(ファンなんだそう)となんか大仕掛けで出てきたらしいビジュアル系(おもしろかったらしい)を保存しています。私が堅ちゃん好きな位覚えときやがれ。相変わらず、とことん趣味が合いません。


【“今年もよろしくお願いします”の続きを読む】

2008.01.02 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。