FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

パリが覆る日

無事フランスから帰還いたしました。
今回の私の目的は主にモンサンミッシェルでした。皆パリから日帰りを強行(片道4時間位はかかる)するほどの景観だというので一丁行って見るかと。それと、今ウェールズ近くに住んでますし、去年スコットランドのハイランドとコーンウォール、その前にアイルランドにも行ったので、ブルトンを加えればケルト文化圏制覇になるという気もなんとなくありました。
で、ユーロスターでパリに着いてパリに足をつける間も無くロアールに運ばれ(今回も面倒なのでツアー参加)お城をたんと見てからまた半日バスに乗ってモンサンミッシェルという強行軍だったんですが、現地ガイドさん(日本人マダム)がしっかり知識のある方で、その翌朝の満潮時刻が8時10分ということまで教えてくれました。
というのは、モンサンミッシェルというのは、今は陸地と連絡道路が築かれていますが、本来は離れ小島(といっても海岸から数百m位)で、引き潮の時は砂地を歩いて島に渡れたのですが、潮の満ちる速度は馬が全力疾走で漸く逃れる程なので、昔はうっかり潮に呑まれた巡礼者が数知れず、修道院が廃れた後は逃げ辛いから監獄として使われた(『モンテ・クリスト伯』の舞台ですってね)という程なんだそうです。
で、パリから日帰りで来る人は朝出て昼つくので、潮が引いたところしか見られないが、泊りなら、ドラマティックに潮が満ちるところも見られるという話。
...我家はこういう、時間限定の自然現象とか、メジャーな旅行プランでは見られないというオプションには抗えないたち。堤防はホテルから歩いて10分だそう。
モンサンミッシェルの開門が9時なので、うっかりすると朝食(7時半から8時半に済ませるよう指示されていた)の時間が無くなるのですが、まあそれは途中で買ったおやつで凌ごうということで合意し、夜明け前(7時過ぎ)にとぼとぼと海の方へ出発。徒歩10分は田舎の不動産屋の単位で、優に20分近くかかりましたが、寒いのもあり、殆ど人影の無いモンサンミッシェルに対面できました。着いた頃は水が動いている風じゃなかったので半信半疑でしたが、満潮時の10分前位からかなりの速さで水が満ちてきて、確かにちょっとした見ものでした。その1時間後位に島の見物に行ったらもう半ば引いていて、昼過ぎにそこを出るときは砂州が出て人が歩いてたので、満ち干の全体が見られたわけです。
今は堤防で潮をせき止めたせいで、砂が沢山堆積して、建物の足元まで水に浸るような状況は高高潮(こうこうちょう)でもないと見られないそうで、あんまりドラマティックな違いが判る写真が撮れなかったです。
ああ、でもこんな潮があったから、イスの伝説もあったんだなと思いました。これは『マーガレットとご主人の底抜け珍道中』で読んだのでもしかして坂田さんの創作?と思っていましたが帰って調べたら実際伝承されている伝説でした。でも、Parisが、『Isに対う都』で、Isが水底から甦るとき、Parisが覆るというのは俗説というのも判明してちょっと残念。

スポンサーサイト


【“パリが覆る日”の続きを読む】

2008.03.27 | Comments(0) | Trackback(-) | Daily

ミステリーがミステリー

旅行に行ってる間に近所の図書館で借りた本が期限が切れそうなので、オンラインで延長しようと図書館のHPにログインしました。
...2冊借りてるのに、アカウントには一冊しか記録されてません。
記録されてない方の本(某ミステリ作家の伝記)を著者名で検索したら、私が利用している最寄図書館じゃないところにあることになっていて、しかも貸し出し不可になってます。
(この市ではひとつの図書館に利用登録すると住んでいる市(郡?)の図書館全部が利用できるシステムなんで、検索は全部の館に渉るのです。というか最寄館に限定して検索出来ることになっているのに、検索結果は常に全館で出てくるザルシステム)
延長できずに延滞すると1日12p(30円位)罰金取られるのですが、記録ないからといって借り倒すのも嫌なので(それに最寄図書館には多分貸出記録がある)、明日もって行って罰金を最小限にするしかありません(電話でも出来るんですが、もう閉館時間を過ぎていた)。もーやんなるー。... ってl、図書館明日は休みだった!木曜は午前学校で午後は警備会社と新しいセキュリティ設置の下見に総務が来るので足止め...いいやもう来週、120円位払おう_| ̄|○ メールで抗議してもどうせ埒明かないまま時間が過ぎて余計罰金かさむだけです。
※追記:次の週しおしお返しにいったら、罰金取られませんでした。…貸し出し登録してなかった?!
謎ですが結果オーライ、深くは追求しません。
*****
木曜の夜中に夜逃げのようにロンドンに向かうので、そろそろ荷造りはじめようとフランスのお天気を検索。便利な世の中になりました。
...なんでモンサンミッシェルよりパリのが寒いんだろう?やっぱり海っぱたのが暖かいんでしょうか。
今年はイースター早いとはいえ3月末でまだ最低1度や0度なので、最初出していたチュニックやシャツをしまってセーターに替えました。旅先で寒いとつらいです。フランスはイギリスより暖かいようなイメージなんですが、海挟んだ向こう側で大差ないようです。
パリはイースターマンデーで店もかなり休みだそうなので、相方がヴィトンやらエルメスにトンチキOLのように入り浸るのは防げますが、私の好きなギャルリ・ラファイエット(西武みたいなデパート。今はアイカードメンバーサービスもあるとか...時代は変わるものです)などもお休みで残念です。北駅のロクシタンのショップがやっていれば、少しクリームなど買いたい。フランスでしか安くないですから。
ヴェルサイユ(相方の希望)も休みなんで、(これは月曜定休)じゃ、ルーヴルに行くか、ということにしたのですが、グランパラスでマリー・アントワネット展やっているというのもちょっと気になっています。
しかしフランスの観光サイトって日本語訳のページは時折ある(でもこの手の機械翻訳風日本語ページは時々信憑性が無い。現地の日本人翻訳者さんなどの監修はしているのでしょうけれど、欧米に長く住んでいる人は日本のTVなどの影響を離れて極端に立派な日本語になるか、思考と生活がダイレクトに反映する直訳体になるかに二極化しちゃいますし、後者の人はぶっちゃけ日本じゃもう生活できない大鉈な感覚になってしまっている確率、85%)んですが、英語変換されているページが少ないんで、情報が最新か裏取りにくいです。フランス人、中華思想もええ加減にせい。(←ドイツ、イギリスとフランスに敵対する国にばかり住んだ後遺症。日本人はOTAKU以外にはせせら笑われますしね)
鞄をひとつ余分に入れて、やっているパン屋があったらクロワッサンとブリオッシュをどっさり買って詰めて帰ろう。

2008.03.18 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

Britain,Britain,Britain!

来週のイースターホリデーは、ちょいとユーロスター(に一度乗ってみたかった)でフランスに行ってきますが、年末のヒースローでのトランジット綱渡り(霧のせいで国内便のヒースローに飛行機が降りず、搭乗時間ギリギリに都営地下鉄2駅分位を疾走するはめになった)に懲りたので、車でロンドンに行く羽目に。
私は電車のが良かったんですが(ユーロスターの駅は街中だし、普通の電車の駅と接続しているのでNationalRailからはスムースに入れる。成田エクスプレスと同じような感じ)現在地のド田舎からはどんぴしゃで着く時間の列車が無いのでした。相方の奴が前一日休めればゆっくり行ってちょっとロンドンでも遊べるのですが、ローカル社員がホリデー前後はドカバカ休むので日本人は休みはぐれるのがお約束です。
ユーロスターは大陸行きとなれば、空港同様に予約しておける専属駐車場があろうとEurostarやパンクラス駅のWebをせっせと探していた先月のある日、エアポートパーキング(大体オンライン予約のがかなり割引になる)同様の予約フォームを見つけて嬉々として予約しました。しかし先日来た銀行明細を見ると、該当金額の引き落としがないし、確認メールも来ない。予約したページも仕様が変わってブッキングできなくなっている。
試験が終わって(ほぼ悲惨な出来でした。Listening&Speakingで予習ってのもしようがないんで実力が足りなけりゃ仕方ないのですが...)そっちの心配の水位がぐっと上ったので、ユーロスター、パンクラス駅、駐車場管理会社にそれぞれ電話して確認したら、案の定たらい廻された挙句、確定したのは「予約できてない、予約は出来ない」ということだけ。日本じゃ滅多にありえないですよね...世界の標準からすれば、日本が異常にキッチリ行き届いているだけなんですが。
こういうときは思わず、Fxxx(ing)だのSxxxだの放送禁止四つ文字をBritainに冠してスウェアしたくなるのですが、癖になると困るのでぐっと我慢です。まあ遊びに行くのに車を駐めるっていうだけのことですから。問い合わせだので民間企業でも普通に官庁の下っ端窓口並にたらい廻され、「それは当方の管轄じゃないんで」と無責任に突っぱねられるのはこの国では日常茶飯事、予定のうちです。
2月にボイラーが立ち消える(かなり生命の危険あり)だの、シャワーから泥水、コックから赤錆水が迸るだのでも(ピー)な言葉は出さなかった(深刻過ぎると罵る気力も無くなってただけかもしれませんが)んだから、ここでも我慢我慢。癖になるとお外でうっかり言っちゃうかもしれませんし。
Little Britainみたいな笑いとか、パンク・スピリットってのは、才能ある人間が、この怒りと疲労感・無力感・閉塞感の果てに生み出すものかもしれないなあ。今日のタイトルのBritain,Britain,Britain!っていうのはLittleBritainのオープニングナレーションです。

2008.03.15 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

ありがとう、だいすきです

テニプが終わりましたね...(内容は友人が写メってメールもくれた)

いっぱいいっぱいもえと感動をありがとう、このみせんせい。

不二受けから入って乾海にはまって、すてきな作家さんを沢山知って、
他カプやドリまで、果てしなく楽しかった。
何人かとはお友達になってオンリーでのお手伝いとか飲み会とか
テニプリ映画とかブルキン映画とか、楽しいこといっぱいご一緒させていただいたり、
これはさいゆーも同じですが、お友達には本当に恵まれてます。
そのきっかけを作っていただいたってことにもうんと感謝したい。

そっか、薫タンは部長かぁ...

2008.03.03 | Comments(0) | Trackback(0) | Tennis

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。