スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

SATSUGAIせよ!

現在DMC大ブーム中なので家の中(といっても二人しか居ませんが)では
DMC用語が日に10回は出てきます。「SATSUGAI」「ファッ○○ガム」「悪魔」「オゥ」「風林火豚」…書き並べるとなんて頭悪そうなんだ_| ̄|○←実際悪いからしょーがないんですが
平日相方とはトータル30分位しか喋りませんから
(朝はあっちは一人で食事してる間私は弁当作り、夜は時々一緒に食べますがTV見ながらだからまとまった会話ありません)ほぼこんなことばっか言ってるわけで帰国までにこのブームが去らないとご近所に警戒されちゃうぜ。
今は一戸建て社宅で二重窓(寒いのでこっちの家は断熱のため大体二重ガラスです)で冬場は掃除のときしか開けないし、何より周囲が日本語わからないのでイタイ言語もバカもオヤジ言動もさらし放題、先日帰ったとき相方が明らかに人前でも抑えない癖がついているので非常に不安です。

今回は友人のKさんが親切にオクで落としてくれた(今市販で見つからないので)最強チームを持って帰ってきたのですが、週末から来週あたまのボランティア先のバザーのため結構時間をとられるので、我慢しています。
でもTV(の横にゲームソフトを積んでるので)の前で「やりたいなー」とこぼしたら、「誰をや!」というリアクション。

あ、「りたい」ととられたかと思い、

ここで海堂とか宍戸とか日吉とか言っちゃうと痛々し過ぎるので
(テニス見せてない相方には通じませんが)
「いやゲームやりたいって話ッスよ」と素直に説明すると
「なんやまた修理のおっさんとかにキレとんのか思たわ」

りたい」かよ!

それならちゃんと(?)「SATSUGAIじゃ!」か

恨みはらさでおくべきか!」って言うわい。

スポンサーサイト

2008.11.25 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

バットマーン

実家から航空便で出した荷物、去年は帰って2日で来たのにおっそいなーと(やっぱり日記ってつけとくもんですね、そういう日付がわかる)思ってましたが、もっと記憶を掘り下げてみると去年は帰国する1週間前位に発送してたんでした。つまり帰国前日に出した今回は着くのは来週以降です。ばっかでー。
去年は成田→私の実家(神奈川)1週間→相方実家(広島)10日位→広島空港→成田で、
今年は成田→広島空港→相方実家に8日→自分の実家に6日→成田。
いまどき旦那の実家にそれだけ居るヨメは偉いと私の友人や親族はほめてくれますが、あっちは当然と思ってる気配。これが東西の温度差かなー(兄嫁も兵庫県出身なので良い意味で長男の嫁の自覚があり、あっちの親に優しく仕えて、実家ではでかいツラの居候の義弟と異人種のそのヨメの面倒を実によくみてくれる。義姉さまさまです)私の親も、10月にこっちに遊びにも来てるので、婚家に気を遣って長く居ろと命じてきましたけど。

行きのパリ乗り継ぎは夕方発で、着くのが日本時間で午後になるので、日本時間の夜の間は寝たほうが良かったのですが、うっかり『ダークナイト』を観始めたら140分もあるんで半端に興奮しちゃって寝そびれました。
バットマンシリーズってどの版もキャスト(特に脇とゲストキャラ)がイイのでやはり見逃せないです。根性なしでシリーズものをきちんとフォローするってこと殆どないんですが90年代以降のバットマンはなんだかんだで全部みてます(大体DVDでですが)。ビギンスは渡辺謙目当てでしたがむしろM.ケインとM.フリーマンとG.オールドマンがたまらんかったです。ケインとオールドマンは観る映画ごとに全然違う人に見えるから感動しますね。『A.パワーズ・デラックス』の能天気オヤジとあのアルフレッドが同一人物なんて…!
ただ飛行機内で観たのは失敗でした。前の座席の背のちっちゃい液晶で観るので、黒っぽい画面は照明の具合によって鏡になっちまって(トンネル入ったときの電車の窓状態)自分の顔がまるうつりになってげんなりなのです。チッ。

2008.11.25 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

ポロリもあるよ!

昨日から実家ですイェーイ!

でも親(実の)にもオタクは内緒なので、
某所のE.A.でパンツ買って裾上げのオーダー出してくるついでに、
東京駅地下のキャラクターストリートに突撃しているのは内緒さ☆

ザンプショップにもうテニスはありませんでした _| ̄|○が、
店員さん(女性)が青学ジャージ(上)着てました。
髪型はワックスで空気感出した柳生でしたけど。


2008.11.14 | Comments(0) | Trackback(0) | Tennis

おいしいといえばおいしいのかもしれませんが

成田に着いて国内便チェックイン済ませると即ザンプSQゲット。
皆までいわずに下さい、痛いのは承知です。

…原作者監修の同人が雑誌に載っている衝撃。
い、いやこれはあれだ。これと同じようなものだ。

ブラック・ジャックALIVE 2 (2) (ヤングチャンピオンコミックス)ブラック・ジャックALIVE 2 (2) (ヤングチャンピオンコミックス)
(2005/12/09)
青池 保子

商品詳細を見る

(違います)

…原作でも分かってましたけど、でも先生、乾(海)はオチキャラの過去は凌駕させてもらえないのですか…!乾海オフィシャルではありましたが!
同じようにアニプとラジプで壊れてる割に部長と副部長は違和感無いのはなぜだろう?

そのページをちぎる暇も無く相方が「食わず嫌い選手権で絶賛」とかいうカラシタカナを2箱にシュウマイまで買ってきやがったのでそれを私の手荷物に入れるために(国内中距離便は飛行機が小さいので手荷物制限きついです)雑誌は捨てられました。しかもその高菜、おいしくなかった。何が絶賛されどころかが全く不明。そして崎○軒のシュウマイはおいしいけど神奈川育ちの私には成田から飛行機で運ぶほどの珍奇さはゼロなのです。

2008.11.09 | Comments(0) | Trackback(0) | Tennis

しりこだま

おネエぽいとかオカマっぽいというのをこっちの言葉でキャンプだ、とかキャンピーだ、と言います。
正確にはいろいろ難しい様式趣味のことらしいのですが、まあこっちでTVのプレゼンターがキャンプだとかこの服はキャンピーだよね、などというのは日本で言うおネエっぽいと同じニュアンスです。
で、893の見かけに乙女心を包んだ相方は、潜在的にそういうキャンプ趣味があった(独身時代から服の趣味がゲイっぽい。スキンヘッドもこっちのそういう人はよくやってます。まあそういう人に限らないのは白人は早々と禿げるので残りも刈っちまうというのが多いんですが)のですが、私がそういう(キャンプな)人やモノを喜ぶので何かがリリースされてしまったのか、当初は「えーそれキャンプじゃない?」というと多少たじろいでいたのが、最近は「言われると嬉しいもん(はぁと)」(注:42歳製造業管理職)と開き直ったのかM度が上がったのか、どっちにしてもヤな感じの流れが出てきました。身近に居るのはネタ的には面白いんですが、帰国して東海の片隅(それも同じグループの会社ばっかり集合しているホラー映画的状況)社会生活を送る上では痛いような気がします。
この夏もリーヴァイスで朱色と白の893プリントというか香港黒社会映画のヒーロー登場時に瞬時に殺される三下が着てそうなケバシャツとか、安かったからって買っていいなんて言うんじゃなかった_| ̄|○
******
明日朝6時半位に出てシャルルドゴール・成田経由でヒロシマです。
シャルルドゴール20数年ぶり。トランジットが4時間くらい開いてるので
まめな人はパリに駆けつけるそうですが(羽田と都心位は離れてます)、
必要なギリギリまでしか動きたくない私には論外です。
ロクシタンでお買物するっていっても液体制限ひっかかるし、
おいしいコーヒーでも飲んでボーっとしてよ。
(そこからは10数時間座りっぱなしで食いっぱなしなので食事はしない)
飛行機は嫌いですが空港は割と好きです。
なんというか人生の隙間空間っていうか
皆目的はあるけど一時停止みたいになってるとこが。
******
オバマ氏当選だそうで。
何にも感想が無さ過ぎて大人としてやばい。でも本気でどうでもいいんで困ります。
日本は(主に経済的に)アメリカ依存ですがアメリカは日本どーでもいいからかな。
かろうじて絞り出すとするとF1といいゴルフといい時代はミクスドな人々の優性遺伝子の時代かね?って位です。好きになれるキャラは一人も居ないけど。
お父さんが移民だからってあの人をアフリカンとは言えないでしょう。
でも西洋人にとって人種というのはまず白人と非白人なので、
そういうくくりでいえば近しいようですが…どうもあの小浜さんには何も移入できないなあ。
というかUSAっていう国が、結構行ったりしてるし、
米軍施設のそばに育った割にいつまでも私には違和感をぬぐえないからか。
だってあの国無理くりに出来てるんだもん。

2008.11.05 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

お坊ちゃまin Britain

ジェーン・オースティンという作家はこの国においては
なんというか女子+文学的男子必携作家です。
日本で言うと陸奥A子か田淵由美子の70年代の漫画かな。
基本的には男女が恋をし誤解がもつれたのがほどけて
主に男の親類の反対もあるけど大団円というだけの話なんで、
私は大好きですが、これだけ少女漫画モードの作家が持ち上げられてる
この国不思議だなと。まあそう言っちゃえばブロンテだってハーディだって
要素だけもってくれば昼メロとか火サスなんで構成や文章力の問題なんですが。
あとサブキャラがリアルにイキイキしてるのが凄いんですね。
『高慢と偏見』のママとかダーシーの伯母とか…
去年か一昨年日本でも『プライドと偏見』が公開されましたよね。
『ブリジット・ジョーンズの日記』(一本目)も元ネタは同じ本です。(作者が公言している)

映画だけでなくテレビでもしょっちゅうドラマ化されてます。忠臣蔵レベルです。
一昨年は民放で4作品一気にやったし、今年はBBCで大河ドラマ位の鳴り物入りで一本。
で、ファンだからちょこちょこ観ます(衣装もかわいいんだ)。

この作家はWヒロインが割と多くて、
メインのヒロインの相手:背が高くてハンサムで大体黒っぽい髪の金持ち
(トール・ダーク・ハンサム・リッチというのは現代もロマンス小説のヒーローの四大要素)
何か傲慢だったり後ろ暗い秘密がありげだったり他の女のひっかかりがあったりする

メインのヒロインは大概ツンデレで早とちりで口が悪いです。こう書くとほんと少女漫画だ。

メインのヒロインにちょっかい出すヒーローのライバルは大体口がうまいけれど
高潔さに欠ける格好だけの空っぽ男。

で、サブのヒロインは概ね優しく忍耐強く慎み深く善意に溢れておとなしめの美貌。

サブヒロインの相手は背が高くヒーローよりちょっと落ちるけどお金持ちで金髪でやや気が弱くて優しくて人の言うことに左右されがちで連絡がマメでない(ここ大事。そのためサブヒロインは一度は「私振られたんだわー」という事態になる)天然系。

という類型において、サブヒロインの相手(ヒロイン一人のときはこういう人がヒーローにもなる。『ノーサンガー・アベイ』や『説得』)の役者さんはいかにもお育ちと人が良さそうなおっとり坊ちゃんという人が出てきます。そして皆なんとなく鳳長太郎を思い出させるのでした。そっか長太郎ってジェーン・オースティンの描くサブ王子さまっぽいんだ。
で、メイン王子様は跡部っぽい、こともあります(『高慢と偏見』とかね)

2008.11.03 | Comments(0) | Trackback(0) | Tennis

release me

なんだかんだでもう4日後には日本にいるのですが、
4日間はある意味今居る夷荻の国より
ヴァガボンドでストレンジャーでミゼラブルな辺陬の地滞在です。
早くも体が拒否反応を…(頭痛etc)
去年の帰国のときはこっち戻ってから1月半生理止りましたし、体って正直すぎ。

何でそんな嫌なのに居ないといかんかといえば
渡る世間は鬼的なアレというかなんともはや。
義父母も義兄夫婦も善良で私に優しくしようと努めてくれるので
98%はそんなに拒否る私が悪役なのですが、
なんつーか身の置き所がないんですぞなも。
とにかくお互いに接点が無さ過ぎるんだなも。
相方にも基本的に無いですが、一対一と団体対一人、
しかも後者とは四六時中では防戦にも限りがありますけえ。
孫(私の子)が居ればまだ、いじってれば間は持つんですが居らんのじゃけえ。
(この地の人々風に。概ね『仁義無き戦い』のとおり。小学生まで『ワシ』ですぞな)


【“release me”の続きを読む】

2008.11.02 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。