FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

敬礼

よく頑張ってくれてありがとう日本代表。
結果も内容も四年前よりずっと良くなってるから、希望を貰えた!

スポンサーサイト


【“敬礼”の続きを読む】

2010.06.29 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

バートン伝説

結局ギックリで三週間家に相方がこもってまして、合間に私も病院(自分の)いったりフラを踊りに行ったりとガス抜きはしたものの脳天ファイラでほんときっつかったです。
後半はヘルニアと判明した精神的ショックがーというずる休みっぽく階下に下りてきて大きいテレビでサッカー見たりしてたので、私が寝室に逃げて録画しといた映画など見て現実逃避。
UKでいっぺんDVD借りてたSweeny Toddまた見ちゃった…最近イギリス文学を衣食住のテーマ別に論じたエッセイ集(研究者が読み物として書いているので結構専門的でおもしろい)とディケンズを読んでいるのでその時代の映像をまた見たくなったっていうのもありますが。
気がつくとバートンは一番見てる監督(でもコンプはしてないです。ビッグフィッシュとかジャイアントピーチはあんまり見る気がしなかったのでスルー。アリスは見たいような気もするんですが眼鏡なので3Dきついかなーと)ですが、改めてS.Toddなんか見てSleepy HollowやBeatlejuiceやBatmanやNightmareやCorpsebrideやChocorate Factoryを思い返すとこの人が描いているのは都市伝説なのかなーという気がしてきます。殺した客をミートパイ屋に送り込む床屋、キチガイ博士が作ったハサミ人間が潜む山の上の廃墟屋敷、首なしの騎士がさまよう村、ベッドの下のおばけ、コウモリや猫人間が夜を走る街、ウェディングドレスで葬られた花嫁、チョコレートに数枚だけ潜む金色のチケット…どれも小学生から中2までが囁きあう伝説っぽくないですか。

2010.06.28 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

千石って名前もね

恋する私の王子様@Mixi、キャラがスイッチできるようになり、
相方のギックリぶり返しでまた家に軟禁状態のストレスから
この王子様あの王子様と口説きまくってます。
一日に上げられるゲージが限度あるので一人をずっとやってても不毛ってのもありますが…
現在ヤンキーなスズケン王子とダンディな小杉王子を代わる代わる攻めておりますが、
なんか…素でスキトキメキキスだなおい!
璃鈴さまのときの半眼な状態が嘘みたいだなおい!状態です。
ヤンなようでふと見せる弱気や優しさのイベントがマジでときめいちゃうよォォ!
もっかしてヤンキャラ好きだったのかな…学プリとかドキ鯖も
亜久津ルートはかなりウキャーvだったし(学プリは台詞が昭和っぽくて半笑いもあったけど)
乙女ゲー限定ですがね!
実家の近辺はモノホンのヤンというか族がゴロゴロ居たけど1mgもときめかなかったもん。
ダンディ先生もキラメキ度が高くてドッキドキよーん。

ドッキドキといえば先日お友達に誘われて初めて猿之助歌舞伎を見に行ったら、
ニヒルな二枚目悪役が黒の着流し(胸も開け気味)でわぁ土方さんみたーいvと思ったときは我ながら遠くにきたなーと思いました。
高校大学職場と都心真ん中だったんで便利もよかったし、ちょいちょい一幕見したり三越劇場行ったりしてたんですが、どうじんてき世界に入ったのが遅かったのもあって、そういうもえとは別な対世間人格の娯楽だったんだけどなァ。まぁいいけど(笑)

2010.06.16 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

ピョーと吹く要君

最近は漫画原作の映画を続けてみています。TVで。
『ピョーと吹く!ジャガー』の実写版もケーブルでやったので録って観たんですけど、これは映画としてちゃんと成立してて驚きました。イモトアヤコの眉毛ない顔とかおぎ氏のメガネない顔とか髭つきカルーセル麻紀も驚いたけど(笑)
やっぱ映画は脚本なのかなー、それとも監督なのかなー。まああれだけ破天荒な世界を実写でやっちゃうという時点で見る側もさほど期待はしづらくてハードル下がるというのもあるんですが(スポ根は逆にどうやったって話にオチはつくだろうと期待する分話が壊れてるとガッカリする)…一応話の起承転結がついてるってことが、逆にああいうキャラ立ちメインの話だと大事なのかもしれないとも思いました。アニメのジャガーさんの劇場版は毎度録画に失敗するのは何か呪われているのかしらん。
『ぼくんち』はベタベタに原作どおりにやっちゃえば確実に感動させられるのに、敢て設定を一つ大きく曲げていたり、猫ばあエピソードをリリカルにしたり、観客の感情をつかみやすいこういちくんの恋やこういちくんのねえちゃん話や一太の恋を省略した脚本家か監督はすごくがんばって原作を尊重してなおかつ映画で出来ることを追求したんだなーと思いました。一太を小学生位にしたのも大決断だったろうなあ。しかしサイバラさん毎年映画化されると相当収入増えちゃってまた税務署との戦いがすごそうだ。『パーマネント野ばら』もベタに作っちゃってかなりいい映画になりそうなお話だけどどんな風になってるんだろう。多分ボンヤリしているうちに来年位にケーブルでやるんでしょうけど(笑)。
『グーグーだって猫である』は『ジョゼと虎と魚たち』の監督が作ってましたがあの監督上野樹里が好きなんだなあ。毎度サブヒロインだけど。のだめより素の上野樹里っぽいキャラでした。田辺聖子御大だろうが天才大島弓子だろうが江〇香織や吉〇ばなな?的な淡々フワフワワールド(彼女らのお手本の大黒柱が大島弓子の漫画なわけですが)に持ってくのがこの監督さんの味なのか、でもそのうち行き詰るんじゃないかという気もしないでもない…多分人情噺にしちゃうのが嫌いなんでしょうけど、そういう臭みが割とリピーターを呼ぶとこあるんじゃないのとも思うし。
『大奥』(よしながふみ)の映画もTVでやったら観るかもしれません。映画館行くにはもう少し美青年が要るな(笑)。『臨死!江古田ちゃん』映画化するチャレンジャーは居ないんだろうか。全裸シーンはバストアップとアニメ挿入でこなせば何とかなると思うんだけどな…江古田ちゃん、篠原涼子は無理…デスヨネ。
他の国だったら不可能だけど日本だったら『聖☆おにいさん』の映像化は可能じゃないかと思います(ヨーロッパだったら関係者は暗殺されかねないしイスラム圏ではクライストはとにかく仏陀のこと知らないからギャグとして成立しない)。平均的にこれだけ宗教への関心がない国珍しいもの。

2010.06.13 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

ブラッディポンド&マイプリ

ミクシイアプリの『恋するわたしの王子様』ジューンブライドイベントは後半は有料でね(はぁと)だそうです。
金なら出さん!別にハリウッドで凛鈴さまとウェディングとかしたくないし…それは春抱きで岩城さんと香藤君がしたから(違うだろー)
タダガチャのパラメータアイテムもたまる一方なんですがこれキャラスイッチしても使えるのかな…公式コミュもあるけど情報交換よりニコ動のコメントみたいな叫びばっかで使えない。
グリゲーも有料への誘惑しきりですがタダだから遊んでんでぃ。

それはさておき近郊になかなかマニアなヴィンテージビーズの品揃えがあるショップがあると聞き込み場所を調べてみたら、近くの目印が血の池公園って公園でした。いや長久手古戦場の辺りだから血刀洗った池があっても不思議じゃないんだけど公園の名前にするのはどうだろう。と思うよそものでした。



2010.06.08 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

本日非常に下品につき

今日は汚く下品なので心が広い大人のお食事中でない方のみご覧下さい。




相方がぎっくり腰になり痛いし食欲ないと絶食しはじめました。
朝お手洗いで座って手を伸ばしてみたら拭けるとこまで手が届かないからだそーです。
…いやウォシュ○ットに乾燥もついてるからしつこく洗えばいんじゃね?
座ると立てないかもと立ちションしてまきちらされていやんなりました。潔癖症だし普段は家では座ってしてるんですよ。でも会社は立ってしてんだから(朝顔だけど)照準合わせろコンチクショー。四捨五入で半世紀使ってるジョイスティックだろーがぁ。

2010.06.06 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

あなたはだあれ

ケーブルで実写テニスやったので大喜びで録って観始めました。
…か、かおたんがしょっぱなから饒舌…この子誰ェェ!?でもモブよりずっといいよ、うん。←コマの端に探すのに慣れすぎた乾海の哀しいポジティビティ。それとてんぱいどこォ~!かおたんを陰から見守ってなくちゃ(公式的に)

…出てきたけど、ちっちゃ!てんぱいちっちゃ!あれじゃ海いぬ…げふんげふん
王子のジャージのブカっぷりがぷりちーだと思ったらレギュラー全体にブカってた。
べたま、もっと俺様でしゃべってェエ~!
かおたんがやけに王子かまうなあ。リョ海?リョ海も大好物ですが(聞いてません)
か、かおたんはタカさんにお茶を注がせるような子じゃないィィ!
追記:全部見た感想です。ネタばれ含みます。あんまりいいこと書いてないのですが個人の感想ですのでご容赦ください。


【“あなたはだあれ”の続きを読む】

2010.06.03 | Comments(0) | Trackback(0) | Tennis

EきもーちE

ニューアルバムが出るのか最近音楽チャンネルで続けてChemicalBrothersのPV番組やったので録ってBGVに流してますが、”Let Forever be”と”Setting Sun”はやっぱり観ちゃいますね。

今観るとつくづくEカルチャー(Ecstasy全盛期のドラッグアディクト的イメージ)の産物っぽい映像ですなー。
年代的にはEカルチャーの端にはぶら下がってるのですが、その頃はもう勢いで突っ走る年でもなかったので実際のソレとは無縁でした。でもやっちゃってる人は見てたのでこんな風に頭がなっちゃってたんかねーという感じです。
ハイレベルないしディープインパクトな芸術はすべからく薬やらいろいろのもので一線越えちゃうのと同じ位イってるんだという説もありますがね。へぼな小説でも書いてるときはすごく楽しいので納得いかないでもない。

ドラッグといえばドラッグクイーンってありますね。過剰女装した男性。最近『女装と日本人』っていう本読んだんですが、ドラッグクイーンっていう言葉が無くてアレー?と思いました。著者が大学でジェンダー研究もしつつオカマバーで働いてた現場実践型の女装学者さんなんですが、90年代以降のオシャレゲイカルチャー的なものと一線引きたいのか日本的なものに拘ってるのか。
その割にお堅い歴史考察から現代に入ってくるとセックスに関する記述が生々しくて(この漫画的な感じ。ウィキですから開いても大丈夫です(笑))なんかイカ臭しそうで参った_| ̄|○ でも勉強になりました。服装倒錯とセクシュアリティがイコールじゃないというのがかなりこだわりがあるみたいです。わかる気もする。私も昔衣裳倒錯がちな友達がいましたが彼は洋服を作るのに自分がモデルだと手っ取り早いという職業的判断+そこらの女の子よりよほどキレイだった(背も私よりちっちゃかった)というだけで特にゲイではなかったです。別にカマっぽくもなかったけどフィーリングは女友達として仲良しでした(笑)15年位遅く生まれてたらさらっとスカート男子になるだけだったと思います。

2010.06.03 | Comments(0) | Trackback(0) | Music

鼻血ブー

先月週末に買い物から帰って相方につきあって缶チューハイ飲んだら鼻がむずむず…今年花粉症出ないと思ったのにやはりだめかと鼻かんだら真っ赤。そのまま数分ダラダラ流血。
何年ぶりかで驚きましたがまあ手足痺れたりもなかったしとなにもしなかったんですが、今朝また、朝食代わりに週末相方が部下の結婚式およばれして引出物でいただいたオレンジピールケーキ食べ始めたら流血。
共通項は
暑い
その前に動き回ってた(今朝は朝食前に掃除洗濯ゴミだしした)
生理近いかはじまりかけ
寝不足
です。家系的には血圧高めでも自分は普通だったんですが…行くの内科かな脳外科かな。

2010.06.02 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。