FC2ブログ

スリル・ショック・サスペンス(?)

相方(現在絶賛日本出張中)に銀行(こっちの)から分厚い書状が来たので開封。

...ぶ、ブラックカードの勧誘キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

引っ越してこっちの口座開いたとき自動的に
Debitとクレジットカード(ヴィザ)の発行も受けたんですが、
初手からゴールドだったのでこっちのヴィザは審査ゆるいの?と思ってましたが...
別に相方も私も日本でもクレジットばっくれたりした経歴は無いので
ひっかかる点はないのですが(車以外ローン組んだこともない)
こっちの銀行にはこっちの月給しか入らないので
(ボーナスなどは日本のメインバンクに入るようになってます。
それも社内の持株や住宅積立、年金積立にとられて5桁止まり)
残額っても大したことないし、
焦げ付きが無いと言うだけです。不思議だなー。
でも、なんかセレブというか贅沢っぽく見えることが大好きな相方
(ヴィトンのスーツケースセットを一時本気で欲しがっていた。
飛行機が常にファーストか専用チャーターになる身分じゃないと無駄に重いのに)
そしてスパイとか怪しい人間が持ってそうなモノに惹かれがちな私...

うん、あと1年以内位なら...ブラックカード...持ってみても...いい...かな...(やばいやばい!)
こういうカードは持ってた方がお得なことってそこそこあるといえばあるんですよね。
本人は単なるサラリーマンの娘なのですがプチブルの友人が結構居たので、
ファミリーセールだの、会員制ご招待会、プレミア公開といったものに
行くことはそこそこあったんですが、そういうところって
お高いものがものすごく値引きされているんですよね。まあ、形あるもの限定ですけど。
(服や靴やバッグやjewelryや化粧品や食器や家具。たまに食品やお酒なども。
コンサートチケットとかは優先で買えても別に安くならない。
同じ値段でも良い席が買えるという意味では得っちゃ得ですが)
特にリッチでない人間がこつこつ働いて貯めたお金では定価でしか買えずお金は残らない、
簡単に欲しいものをひょいひょい買えるだけのお金を持っている人間はむしろお得に買えてお金は減らない。
博打や投資と一緒でショッピングも、金持ち勝つ、だなー、と。
だから供給者側が金持ちと認定するレベルになるかならないかで、
贅沢は無しにするかどうか、人生を決めないといけないんだ、と思ったものの、
特にブランドやステイタスシンボルアディクトでも無かったので
その階段を上がるモチベーションも無くダラーっとその後も生きておるわけですが...
ブラックカードの怪しさはネタ的にやはり捨てがたい...

私の明日はどっちだ。

スポンサーサイト



2008.07.23 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »