FC2ブログ

release me

なんだかんだでもう4日後には日本にいるのですが、
4日間はある意味今居る夷荻の国より
ヴァガボンドでストレンジャーでミゼラブルな辺陬の地滞在です。
早くも体が拒否反応を…(頭痛etc)
去年の帰国のときはこっち戻ってから1月半生理止りましたし、体って正直すぎ。

何でそんな嫌なのに居ないといかんかといえば
渡る世間は鬼的なアレというかなんともはや。
義父母も義兄夫婦も善良で私に優しくしようと努めてくれるので
98%はそんなに拒否る私が悪役なのですが、
なんつーか身の置き所がないんですぞなも。
とにかくお互いに接点が無さ過ぎるんだなも。
相方にも基本的に無いですが、一対一と団体対一人、
しかも後者とは四六時中では防戦にも限りがありますけえ。
孫(私の子)が居ればまだ、いじってれば間は持つんですが居らんのじゃけえ。
(この地の人々風に。概ね『仁義無き戦い』のとおり。小学生まで『ワシ』ですぞな)


友達も居ないし、娯楽も無い。(このうちは本が無いんです)

リビングに義兄のPCあって使ってもいいんですが
そこに座りっ放しで居られるほど神経太くない(というか気が弱い。
帰国後相方にあっちの家族に馴染もうとしないとか詰られるので
本があったとしても読んでられない)


一番近いコンビニのある幹線道路に行くのに
降りる自転車のタイヤがブレーキかけると焼ける急斜角の
途中歩道が無くて幅がないからすれ違えない(片側はコンクリ塀、片側は溝)
国土交通省の幻想の中の二車線道路を10分下らねばならない立地。
コンビニ以外のおんもに出るには義父の車に乗せていただくしかない
(相方はコンビニ以外、裏手の自分ちの墓に景色を眺めに行く位しか外に出たがりません)
=ノンストップ義母の息子・夫自慢と嫁の自慢ときどき愚痴ライブつき。

合間に義父母と温泉に行くのは1割が孝行(と義兄夫婦に水入らずになってもらうため)
9割が私の救済です。

だからJAL(今回パリ発)機内の「お好きなものをお好きなときに」ごはん
(ビジネスクラスで一回目の通常ミールの後、好きなときに頼める軽食)で、
「うなぎ時雨ごはん」にお吸い物を頼んでうな茶にしたら機内で手塚祭りが出来るとか
(夏にマッターホルンの裾に上って以来どこまで手塚ブーム)
機内映画でちゃんと11月メニューに替わっていれば
(時々前の月のまんまのこともあり。人手=コストがぎりぎりだから仕方ない)
『ダークナイト』観られるし10月のまんまなら『SATC』見られるとか、
そういうささやかな喜びの方に頭をシフトしがちなのは生存本能だから仕方ないッスよね。ね。

私の母方親族との食事会を後半に設定したので、精々相方を苦しめたいところですが、
母方親族も信州大卒だったり某・西の島に姑が居たりするので、
自分たちの言語や思考や行動形態が唯一のものではなく
外の世界には他の基準があるという認識持って生きているから
私と同じ苦しみは味わえません。ちっくしょー。

スポンサーサイト



2008.11.02 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »