FC2ブログ

斃れてのち止む

日曜日からお友達のKさんが遊びに来てくれて一緒にひつまぶし食べたり台湾ラーメンで口が炎上したりグランパス見たりで楽しかったです。愚痴ばっか聞かせてすまん…Kさんとはさいゆーがきっかけで知り合ったのですがその後Kさんはどっぷり三国志(無双)に行かれたのでオタ友というよりはふつーのオフ友っぽくお付き合いしていただいて(世間にはばからない趣味も結構共通しているので。音楽とか映画とかミステリとか普通の小説とか)、双方家族相方には隠してる隠れなので隠れの正しいあり方については割と意見が一致しているような気がしています。
今回Kさんに聞いたすごい話。もう専業同人で一人暮らしだった方(ジャンルは某金字塔の乙女ゲー。BLかNLかは聞き忘れましたが本出すのがメインということはドリームじゃないと推定)が冬コミで倒れて急死したら(過労死らしい)もちろん親御さんが家の片づけなどしに出ていらしたのですが、そこにそのジャンルのお友達やファンが群れつどって同人関係の整理をしてあげて、お棺には結果として命がけになった新刊や数々の既刊を入れそのゲームの音楽をかけたそうです。Kさんの知人でそのジャンルやってた人がお葬式に参列されたので聞いたそうですが、オタ道を究めた死に方葬られ方に敬意は表すれど倣う気はしないと意見が一致。お互い何か不測の事態が起きたらお互いに遺族にその知らせを貰えるようにしておいて、生前に処分すべきものはお互い指定して置き処理しあおうかという話になりました。KさんはUKにも遊びに来てくれたりしたのでUK滞在中の連絡先を(ずっと移動していたので)私んちにしていてお母様からお電話いただいたり、私の実家にも泊まりにきたことあるしお互いの相方にも会ってるのでそういうとき現れても「誰この人?」とはならないのが大きい。かくも隠れはめんどくさいけどカミングアウトオタにはなりたくない。

スポンサーサイト



2010.11.25 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »