FC2ブログ

UKをゆわせるべし

明日からイングランドは三連休。今年最後のバンクホリデーです。こっちでは月曜休みの三連休が年に数回ありますが、3月から8月の観光シーズンのみです。暗くて夏があるの忘れそうになる冬にこそ休んだらどーかと思いますが、子供の学校なんかのハーフターム(学期中の一週間休み。2回ずつ位ある。大多数がもう少し勉強しないとこの国の寡頭体制-少数エリートのみが会社なり政府なり動かせる-って無くならない。でも建前からして寡頭体制って国の方が大半な訳でアメリカも機会は平等とかいっても単に貧乏でも家族が学歴薄くても頭のいい奴は突破できる機会があるってだけで結局大半は生まれたところから抜け出せない訳で半分位?がボンヤリと大学に行ってホワイトカラーになって一丁上りという日本が実は特殊というか寡頭体制の方が必然なのかな…閑話休題)はあるし、クリスマス休みというのが12月後半がっちりある(正月は学校などは1週間休みですが大人は2日から通常体制です)からでしょうか、8月でおしまいです。
前置きが長くなりましたが、それで何かというと、スコットランドにあそびに行ってきます。
もう2年以上居るのに未だこの駐在中はスコットランド未踏なので、ここでスコットランドをゆわして((C)西原理恵子先生)UKをゆわしきろうと。
アンダー・ユア・マジェスティ、女王様のナワバリというとクリケットに参加してる国でオーストラリアとか南アとか入るかもしれないし昔よく仕事で書類上だけは馴染んでたケイマン諸島(タックス・ヘブンなのでファンドの管理信託なんかはこういうところに設立するのです。その手の金融をやる会社へのサービス業務に従事)も入ったりするわけですが、そこらへんの大英帝国の威光の名残はスルーってことで。カナリー諸島だけ行ったけどあそこもうスペインだし。
大陸に居た頃、インバネスにFerryで渡って(オランダからだったか、ハンブルグからだったか。ホバークラフトに初めて乗って結構嬉しかったです。父はよく左ハンドルで普段と左右逆の道路を走ったなあと運転しだしてやっと気づいた次第。ごめん父さん車では寝てばかりの娘で。帰りはブライトンからフランスに渡って帰ったんだと思います)エジンバラとか、ネス湖とかは行ったんで、スコットランドは一応踏破済みなんですが、今度の駐在では初めてです。アイルランドは去年私の両親が遊びに来たとき一緒に行って、(相方仕事でお留守番だったのでアイルランド未踏)ウェールズは10分走ればそこがウェールズ!カムリ!(ウェールズには独自言語があり自国はカムリといいます)なので、これでスコットランド入れば21世紀のUKをゆわしきると。
で、行先はスカイ島です。珍しくぶらり旅で宿も決めずに行きます。着いてツーリストインフォメーションで宿を探してもらって、無ければ本土に戻ってどっか道端のインでも泊ればいいやねと。これがゴムはだし((C)山下洋輔氏。車のこと)、地続き旅の気楽さです。
何着てこーかなー(こちらは最高20℃、あっちは15℃位なので寒いです)と考えつつ掃除機をかけていると相方から電話が。
「車に毛布いれといてー、泊れんかったら車で仮眠するかもしれんし」
えーー!そんなら交替で運転して帰るよー!どこまで行く気だよー!

さっき郵便が来たら、6月に受けたESOLの試験(今回は作文のみ。listening&speakingと、Readingと、Writingがあるのですが前2者は去年受けました)の結果でしたが、合格しました。ヤター!私が受けたのはESOLのレベル1というので、これでいうFCEです。しかし私がローカルの人々とよどみなく語れる自分の専門分野って…
音楽(ロック、ポップス、一部歌曲、バロック、バレエ音楽)
小説(ブリジット・ジョーンズ、ジェーン・オースティン、O.ワイルド、ブロンテ姉妹など、今世紀初頭の児童文学、D.L.セイヤーズ他英国ミステリ、でもA.クリスティはまだ語れるほど読んでない)_| ̄|○
…ほんとこういう話題だと驚くほど言葉出てくるんですが。
まさかにOTAKUを語れる英国人とはまだ遭ってません。

スポンサーサイト



2007.08.24 | Comments(0) | Trackback(0) | Daily

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »